2011年03月12日

3月11日 震災のお見舞い

 味噌有の震災・津波の発生により被害を受けられた皆々様に、心からお見舞いを申し述べさせていただきます。
 本日の広報活動は自粛させていただきます。
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 11:07| 田辺のぶひろ

2011年03月06日

3月6日の二者討論会

田辺のぶひろ静岡市長選挙候補予定者

3月6日(日)14時00分〜14時50分、清水区のハウジング森様にて二者討論会を行いました。
お集まりいただきました市民の方々に、市政に向けた私の政策、主張をお伝えさせていただきました。
写真左ははもう一人の候補者、海野とおる氏です。
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 20:38| 田辺のぶひろ

2011年02月28日

2月28日夜の会合

静岡市長選挙候補予定者田辺のぶひろ

会合名:後援会森下支部、田辺のぶひろを囲む会

場所:八幡公民館にて
日時:2月28日19時00分〜20時00分

夜にもかかわらず約80名の方々にお集まり頂きました。
また地元の佐知市議にも応援に駆けつけて頂きました。

ありがとうございました。

posted by 田辺のぶひろ後援会 at 21:16| 田辺のぶひろ

2011年01月18日

静岡市政への決意と活動写真

ご縁をいただいた皆様へ

 
静岡市政への決意


謹啓 皆様方にはますますお元気でご活躍のことと存じます。

「頑張っている人が報われる、徹底した市民目線の静岡をつくりたい」
私は、この思いを素志として、今春の静岡市長選挙に挑むことに決意いたしました。

 20年前にふるさと静岡に戻って地域活動を始めて以来、ご縁をいただいた皆様に、今の私の気持ちをお伝えさせていただきます。

 今日まで、私は広くなった静岡市内をくまなく歩き、座談会を重ねてきました。
そこで思い知ったのは、長引く経済不況の中、日々歯を食いしばって仕事に子育てに頑張る方々の 切ない声の多さ、そして納税者として行政の奮起を求める叫びの大きさでした。
続きを読む
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 15:27| 田辺のぶひろ

2011年01月06日

本年も

 皆様へ
 
新年明けましておめでとうございます。
2010年から11年に日付が変わる深夜、地元の神社でカウントダウンを迎えてから、今日まであっという間に時間が過ぎてしまいました。

 昨年5月に市長選挙に立候補を表明してから、ありがたいことに本当に多くの方からお声をかけていただき、毎日たくさんの場所にお伺させていただいています。
その一方で、ゆっくりブログを書く時間は減り、皆様にきちんと活動をお伝えできず申しわけなく歯がゆい思いです。

 代わりに、出先からでも更新出来る携帯電話のアットメールでは、なるべくこまめに活動を書き込むようにしております。このホームページ画面の右上にあるQRコードから簡単に登録できますので、よろしかったら是非登録いただいてご覧になってください。

 2010年も2011年も「初心ぶれることなく」地道に活動して参ります。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 18:01| 田辺のぶひろ

2011年01月05日

テレビ放映のお知らせ

みなさんこんにちは。
本日1月5日、18時15分からSBSテレビで市長選の特集が放映されます。
私の活動の様子も放映されます。是非ご覧になってください。
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 12:16| 田辺のぶひろ

2010年12月30日

今年出会ったすべての方へ「ありがとう」

 2010年も残すところあと1日と数時間です。
毎年、年を追う毎に一年が過ぎるのが早いのを体感していますが、今年はまた特別に時間の過ぎるのが早かったです。
 5月28日に公的に立候補をお知らせしてから約半年、何人の方と出会い、話を聞いていただき、握手をしたでしょう。
自分なりに精一杯活動してきましたが、日々出会った方々から、それぞれの立場からいただいたご意見、要望、不満、心配、希望、期待・・・。こんな一言では到底書けないほど大きく重たい、そして貴重な言葉の数々をいただいてきました。

政治的な立場の無い自分に、真剣に思いをぶつけてくださったすべての方に、「ありがとうございます」。

私に向けてくれた「ひとりひとりの思い」を背負う責任は、とてつもなく重い。

だから、愚直に頑張る。
周囲にどんな雑音が聞こえても、「政局」には翻弄されない。
「市民目線の行政を実現する」ことに邁進するのが、自分の目的なのだ。

2011年も、今まで通りに進んで行きます。

皆様、どうか穏やかなよいお年をお迎えください。




 


posted by 田辺のぶひろ後援会 at 21:05| 田辺のぶひろ

2010年12月11日

お礼と活動報告

去る12月9日の「田辺のぶひろと未来を楽しく語る会」におきましては、多くの皆様にご協力とご支援をいだたきましたことを、まずもって厚く御礼申し上げます。
おかげをもちまして会場は、立錐の余地もないほどのお客様がお越しくださり、温かいお言葉を頂戴いたしました。ゲストの三遊亭好楽師匠の流石の語りとお弟子さんのたい好さんの軽妙な司会が一層場を盛り上げてくださいました。
すべての皆様に感謝の気持ちを忘れることなく、一層気を引き締めて邁進して参ります。

さて、11月中旬の活動の一端をご紹介します。

11月13日 パナソニック会クリーン作戦
2010.1113パナソニック会 クリーン作戦(安倍川スポーツ広場清掃) .jpg



11月13日 会社のバス旅行お見送り
2010.1113ケンコー住宅 一泊二日のバス旅行を見送り.jpg



11月14日 清沢ふるさと祭り
2010.114第26回清沢ふるさと祭り&農協際 .jpg


11月16日 介護支援事業所様で講演
2010.116サンセールケア講演 006.jpg


11月16日 エコハウス様にて座談会
2010.116エコハウス静岡座談会001.jpg


11月19日 辻立ち 静鉄草薙駅
2010.119辻立ち(草薙駅) 001.jpg


11月21日 大川収穫祭
2010.121大川収穫祭・農協ふるさと祭 002.jpg


11月21日 静岡産業大学学園祭「鳳翔祭」
2010.121静岡産業大学学園祭 002.jpg


11月21日 南部支部役員会
2010.121南部支部役員会 001.jpg


posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:01| 田辺のぶひろ

2010年11月05日

「国家戦略」「地方戦略」の重要性

 今朝の「尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件の状況を撮影したと見られる映像」がインターネット上に流出したというニュースは驚きでした。先のロシアのメドベージェフ大統領の国後島訪問、止まらぬ円高etc.と外憂止まらぬ最中のこの事態に、国家としての危機管理の危うさを思い知らされました。そして改めて日本の「国家戦略」の欠如と、その重大さを再認識しました。
今こそ、国を守る為に、国の政を担う国会議員は一丸となって外交に目を向け、山積の憂事にメスを入れ解決に向け全力を注いでくださることを切に願います。
一方で地方のことは地方が責任を持ち、確たる「地域戦略」を練り上げて舵取りをして行く時代(とき)です。
国は国家戦略を。地方は地域戦略を。
厳しい21世紀、国と地方はそれぞれの責任と役割を心して果たしていかねばなりません。
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:23| 田辺のぶひろ

2010年10月29日

頑張れ!

 昨夜のプロ野球ドラフト会議で、晴れて指名を射止めた若人の皆様、本当におめでとうございます!それぞれに人知れず努力を重ね人知れぬドラマがあって結果を出されたことと思います。

 大学の同窓である斎藤佑樹投手は、「ハンカチ王子」として人気を博した高校時代以来、常に注目され勝利することを求められました。
その爆発的な人気に決して浮き足立つことなく、人気とともにのしかかる日本中の過剰な期待に押し潰されないよう、地道な努力を重ねて来た斎藤投手には、その年齢には稀有な精神力の逞しさに驚かされ、敬意を抱いておりました。

斎藤投手は高校卒業時、「人間としても野球選手としても未熟な自分は、大学に進学して頑張ります」という主旨の発言をされていたと記憶しています。そして発言通りにこの4年間を、心身ともに鍛え続け、満を持して昨日の結果を得たのだと思います。

地道で不断の努力に支えられた自信がみなぎる斎藤選手。これからが新たなスタートですね。
心から応援します!

 
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 11:16| 田辺のぶひろ

2010年10月22日

テレビ番組のお知らせ

 静岡市長選挙まで残り半年を切り、各メディアでも市長選挙が取り扱われるようになってきました。
明日下記の番組が放送されます。
私も取材していただきました。
15分の報道番組ですので、短いニュースと違って静岡市長選挙の概要や経緯、現状をわかりやすく扱ってくださると思います。お時間のある方はぜひご覧になってください。

※皆様にわかりやすいよう、テレビ静岡のホームページより下記の放送内容を引用させていただきました。

番組名:「特報!しずおか」
放送局:テレビ静岡
放送日時:10月23日(土) 11:30〜11:45
タイトル:『72万人の舵取りは? 〜 静岡市長選まで半年〜』

放送内容:
 来年4月、統一地方選挙が行われる。いよいよ半年を切った。県内でも県議会議員の選挙などが
行われるが、最も注目したいのは、県都であり政令市である静岡市の市長選挙だ。

現時点で立候補を正式に表明しているのは、元県議会議員の田辺のぶひろ氏のみで、5期16年に渡り市政を担っている現職の小嶋善吉静岡市長はまだ次の選挙への態度を明らかにしていない。
10月15日、一部報道が「次期市長選挙に立候補しない意向を固めた」と伝えたことについて小嶋氏は「まだ決断していない」と否定した。
水面下では、元参議院議員が立候補に強い意欲を見せているほか、独自候補の擁立を目指す政党も出てきている。

徐々に構図が見え始めた静岡市長選。人口72万人余りの政令市の舵取り役は誰が担うのか。


posted by 田辺のぶひろ後援会 at 10:58| 田辺のぶひろ

2010年10月08日

あと半年。

 静岡市長選挙は、来年4月に投票が見込まれています。
私が立候補を皆様にお伝えしたのが去る5月末。
早いもので、投票日まであと半年になりました。
半年という節目の時節柄、テレビや新聞では静岡市長選挙に関して、それぞれの入念な取材に基づく報道がなされています。

言わずもがなメディアの影響力は絶大で、報道に伴って自分の周辺もいささか賑やかになってきました。

 当事者の私はというと、朝の辻立ちと座談会を柱に、様々な行事や会合を通して出会いをいただきながら、
「静岡市の
今在る何が必要で何が不要か。
今在る何に価値を見つけてどう育てるか。
何をさらに生かすか、何を変革するか。」
を、思案する日々を平常心で積み重ねています。

5月の出馬会見の際に述べたとおり、
何か新しい事に着手する際、ここでは静岡市の舵取りのことになりますが、
 既存の流れをそのまま踏襲するのは簡単。
 既存の流れを批判するのはもっと簡単。
 
 しかし ― 先頭に立とうとする者は、そのいずれでもいけません。
その時代時代に最適な舵取りをしようと懸命に市政の先頭に立たれた諸先達の尽力には、まずもって敬意を忘れてはなりません。
 しかし一方、世の流れは生き物の如く刻々変化しています。5年前・1年前と同じ舵取りをしていては、「今」の過酷な経済状況と時勢を好転させることは難しいのです。

「今この瞬間」に最も効果的な舵取り方法は何なのかを熟考の末、
斬新で柔軟で新しい発想を市政に思い切り吹き込んでみる。
そして変えるべきと判断した事は恐れず変える。継承すべきと判断した事は慈しんで育てる。

政局は政局として。
今の自分がすべき事は、その重責を背負える器となれるよう努める事。地道に精進して参ります。







posted by 田辺のぶひろ後援会 at 16:22| 田辺のぶひろ

2010年09月11日

ふたつの『235』

 昨日妻が遭遇した、何とも素敵な偶然のお話を。

 私達の仲人でもある縁深いTさんが、昨日事務所に寄られた時の事。

暫しTさんと妻が歓談していた所に、もうひとりお客様が入ってきました。
こちらは、同年代でいつもお世話になっているUさんでした。
おそらく初対面であろうTさんとUさんをそれぞれご紹介しようとした妻は、Uさんが、一心に外に視線を向けていることに気づきました。

(どうしたのかな?)と思った時、
Uさんは「・・・この車・・」と言いながら、事務所の前に停めてあるTさんの愛車のクラウンを指さしました。
そして、「この車、前にも見たことがあって気になってました・・。」と言うのです。
(白のクラウンは、そんなに珍しい車だった?・・)と不思議に
感じた妻に、Uさんは「ナンバーが、ぼくの義母の車と同じなんです。同じ白いクラウンでですよ!」

これに驚いたTさんも、「失礼ですが、お義母さんはどちらにお住まいですか?」
Uさん「焼津の○○町です。」
Tさん「!!僕はすぐ近くの△△町ですよ!」

話してみれば、TさんとUさんのお義母さまはご近所に住んでいて、Uさんはお義母さまのお宅を訪ねた時に何度か同じ車種で同じナンバーの車が走っているのを見かけ、気になっていたそうなのです。
 そしてTさんの方も、近所で同じ車・同じナンバーの車を見かけ、気になっていたというのです。

・・・偶然はこれだけではありませんでした。
二台のナンバーは、「235」。
お義母さまのお名前からこのナンバーを選んだUさんと、奥様のお名前から選んだTさん。
理由まで『同じ』だったのです。
そう、お名前は、『ふみこ』さん!

こんなお二人が、この田辺事務所で偶然に出会って、お互いの長年の謎が解けたのです。この後お二人は、なんだか前から知り合いだったかのようにお話に花が咲いていました。

どうです?素敵な出来事ではありませんか?

posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:27| 田辺のぶひろ

2010年09月01日

みどり会「臨時」お世話人会

 本日9月1日(水)は、女性部「みどり会」の臨時のお世話人会を開いていただきました。
 みどりの政経フォーラムまでいよいよあと2週間となり、当日に向けての連絡や打合せをさせていただきました。

 今日はお願い事で集まっていただいたのに、私が所用で中座するという申し訳ない会になってしまいました。
しかもみどり会の皆様には、イベントの顔である『受付』業務をお願いしていて、当日は開演時間の何時間も前に集合して準備をしていただくことになっています。
本当にお手数をおかけしてしまい申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願いします。
私も来てくださった方々が喜んでいただけるような内容に出来るよう、精一杯頑張ります!
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 19:23| 田辺のぶひろ

2010年08月26日

『20年』。 キャラクター編

 ぼくは、「えんぴつ君」。
前からこのブログを読んでくれている方はもうボクをご存知だけど、初めての方のためにもう一度自己紹介をわーい(嬉しい顔)

 ボクは、「真ん中に芯が通っていて、周りに木(気)を使う(遣う)」えんぴつのようでありたいという、信宏さんの姿勢を表したキャラクターなんだ。
 ちなみに、ボクが生まれたのは8年前の2002年。信宏さんが政治の道に入ったのはおよそ20年前。・・随分間が空いてると思うでしょ?
 実は、ボクの前にもう一人、先輩のキャラクタ−がいるんだ。この前信宏さんが20年前のことをブログに書いていたから、今日は、20年前に誕生した初代イメージキャラクターを、ボクと並べてご紹介するね!

地球.jpg
初代キャラクター・地球に乗ったのぶひろ(1991年生まれ)




シール.jpg
2代目キャラクター・えんぴつ君(2002年生まれ)


上が、地球に乗って遠くを見渡す「のぶひろ」くんです。
「地球サイズの大きな視野を持って世の中を見る」という姿勢から生まれたそうです。
当時のキャッチフレーズは、“Think globally,Act locally”。「広い目線で考え細やかに行動する」という思いを込めたそうです。
この考えは、現在辻立ちで配っているビラの題名「鳥の眼虫の眼」に引き継がれていますよ!


さて、公式キャラクターはのぶひろ君とボクだけど、応援してくださる皆さんが石に書いてくれた、いろいろな信宏キャラクターも、一緒にご披露しま〜す!!

石ころ.jpg



ではまたね!!   えんぴつ君より


posted by 田辺のぶひろ後援会 at 18:20| 田辺のぶひろ

2010年08月24日

夏祭り第3弾!

 灼熱の日差しが降り注ぐ毎日ですが、少しづつ日が短くなってきて秋の気配を僅かに感じるこの頃ですね。
 夏祭りもいよいよ終盤です。
《8月13日》
   
古庄虚空蔵尊夏祭り
100813古庄虚蔵尊.jpg

  清水区大内夏祭り
100813大内夏祭り.jpg

    羽鳥町内会盆踊り大会
100813羽鳥町内会盆踊り大会.jpg

  富厚里夏祭り 
100813富厚里夏祭り.jpg

    
水見色夏祭り
100813水見色夏祭り.jpg

  大川夏祭り
100813大川夏祭り.jpg


《8月14日》
    
清水区横砂夏祭り
100814横砂夏祭り@.jpg

  長沼1・2・3丁目夏祭り
100814長沼123丁目夏祭り.jpg

    清水区楠夏祭り
100814楠夏祭り.jpg

  伝馬町夏祭り
100814伝馬町夏祭り.jpg

    大河内平野夏祭り
100814大河内夏祭り.jpg

  大河内有東木夏祭り
100814有東木夏祭り.jpg


《8月21日》
    
安東夏祭り
100821安東夏祭り.jpg

  竜南夏祭り
100821竜南夏祭り.jpg

    
鷹匠三丁目夏祭り
100821鷹匠3丁目夏祭り.jpg

  籠上夏祭り
100821籠上夏祭り.jpg

    
フェスタ鎌田
100821フェスタ鎌田.jpg



夏祭りを回らせていただいたあと、用宗の石田さんの同級会にお邪魔しました。

100821石田英亀さん同級会.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 16:59| 田辺のぶひろ

2010年08月20日

『20年』。

 こんにちは。
私事ですが、本日8月20日、49歳の誕生日を迎えました。

 毎朝1時間ほど、一日の日程を確認したりメールをチェックしたりする時間にあてていますが、今朝は20年前のことに暫し思いを馳せました。
29歳を迎えた20年前の今日、私は半年後の静岡市議会議員の選挙に立候補する準備をしていました。5年間の松下政経塾での研修を終え、「故郷で各々人の役に立つ活動をしよう」と同期の仲間と誓い合って静岡市に戻って暫くの頃でした。

 今でこそ多くの若者が政治の道に携わっていますが、20年前はまるで状況は異なりました。地盤看板カバンといういわゆる「3バン」がない一介の若者が、政治家を目ざすことは容易ではありませんでした。2世でもない若い人材にもチャンスが与えられるきっかけとなった「日本新党」が登場して劇的に政界の状況が変わるのは、まだまだ先のことでした。

 当時地元にはベテランの現職議員の方と、私と同じく若いですが親族に政治家もおられた有力な新人の方が出馬を予定されていました。
サラリーマンの息子で(政経塾のある)茅ヶ崎から戻ったばかり、「3バン」のない私は、まさに有力な両者に挟まれた形でした。

 半年後に迎えた選挙戦中でさえ、序盤はマスコミから「泡沫候補」と揶揄されていました。幸いにも泡沫ならではの意地(笑)と、同級生や政経塾の後輩、そしてお知り合いの皆様の、文字通り「わが身を捨てた献身」のおかげさまで、29歳の春に政治家としてスタートラインに立たせていただけました。

あれから20年。
いろいろな経験の中で、理想だけでは事が進まない現実の難しさなどを体感し、失敗や困難を幾度も経ては学び、今に至ります。今、あの頃の自分を思うと、その頭でっかちな考えに苦笑します。でも、稚拙なりにも「故郷のために役に立つんだ!」と無我夢中だった当時の気概だけは、逆に「今一度思い出さねば」と思います。

 40代最後の一年。無我夢中で走ります。

20年前のパンフレット(当時29歳)
田辺29歳.jpg

              現在のパンフレット
リーフ.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 11:30| 田辺のぶひろ

2010年08月13日

由比で「田辺と語る会」

 8月11日(水)、由比の町屋原にて「田辺のぶひろと語る会」を開催していただきました。
巷はお盆休み前でお忙しい時期にもかかわらず、地元の有志の皆様が懸命に準備に奔走してくださった賜物で、80人余りの地域の皆様が足を運んでくださいました。感謝の気持ちでいっぱいです。

会では「田辺は静岡をこうしてみたい」という思いをじっくり聴いていただきました。
嬉しかったのは、私の話の後、参加された方からいろいろなご質問やご意見を活発にいただけたことです。葵区在住の私にとって、由比のまちの課題や事情についてはまだまだ勉強中です。ですから地元の皆さんから細やかな説明をいただくことは、何よりの学びであり肥やしなのです。

 合併の話が持ち上がってから今日まで、この地域の皆様は、言葉では言い尽くせない複雑な思いを心の中に抱えてこられたことと思います。
そういう中で、今日が『新たなスタートライン』として、『静岡市を一緒によくしていこう!と考えて行くきっかけの日』になれば、こんなに嬉しいことはありません。後々にそう思っていただけるために、私はいっそう聴き、学び、汗をかき、現地現場主義で走ります。

由比@.jpg

由比A.jpg

由比B.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 09:59| 田辺のぶひろ

2010年08月05日

産業部会の臨時総会

 8月5日(木)の晩、産業部会「緑信会」の臨時総会を開いていただきました。
 先に行った地域の皆さんで作る地域部会、女性の皆さんで作るみどり会に続き、「みどりの政経フォーラム」へのご協力を今一度お願いさせていただきました。

100805緑信会臨時総会.jpg

100805緑信会臨時総会A.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 21:22| 田辺のぶひろ

2010年08月01日

護衛艦から清水港を観る

 ラジオ体操からお祭りまでたくさんの経験をした31日(土)、もうひとつ貴重な体験をさせていただきました。
 海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」に体験乗船する機会をいただけたのです。

100731護衛艦たかなみ.jpg


 この『JS TAKANAMI』は、「たかなみ」型の一番艦として2003年3月に就役した対空・対艦・対潜攻撃力を有したヘリコプター搭載汎用護衛艦です(参考:海上自衛隊資料)。
 午後1時頃に清水の日の出埠頭を出航した全長151メートルの巨大な船は、およそ2時間に渡って勇猛に海上を駆け巡りました。
 船上の様子は昨日の携帯電話からのアットメールでもお伝えしましたが、沖合いで船上から清水港を眺めながら、「静岡市」のこれからに思いを馳せた時間(とき)でした。

100731護衛艦たかなみA.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 16:33| 田辺のぶひろ