2010年09月25日

備忘録の座談会の様子です

 先の備忘録の最後に書きました、座談会のひとコマです。
駿河区のお宅で地元の道路の問題や商店街の課題などを中心に教えていただきました。
 
2010.09.20.渋谷耕一(南部図書館館長)座談会 jpg.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:21| 座談会

2010年09月21日

「現場の声」をどんどん拾え

 9月8日(水)、石田地域安全指導員の皆様との座談会の機会をいただきました。
指導員の方だからこそわかる、具体的な課題や問題点を細かく教えていただけました。

 政治家が政策を考える時、行政資料や書籍という文献を積み重ねて机の上で思案するのは、根本的な間違いだと思います。
 出来るだけたくさんの場所に伺って出来るだけたくさんの現場を目で見て・耳で聴いて・頭と体で教わって、初めて政策を考えるヒントが生まれると思っています。

 「現場の声」は誠に貴重で真なり。
これからも『現地現場主義』の姿勢で皆さんの声をどんどん拾いに行きます。
2010.09.08.石田地域安全指導員座談会 .jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 15:07| 座談会

2010年09月09日

「座談会」が好きです

 先月末から機会をいただいた座談会の様子です。
清水銀座、由比、駿河区の南八幡町と、私にとってはまだまだ勉強させていただく地域です。参加して下さった皆さんからは、それぞれの課題や要望を具体的に聞かせていただけました。

ひとりひとりとじっくり向き合える座談会は、「やっぱりいい!」です。
8月26日清水銀座「美風」にて
100826座談会.jpg

9月4日由比にて
100904座談会.jpg

9月5日南八幡町にて
100905座談会.jpg


posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:11| 座談会

2010年06月23日

そして蒲原へ

 西奈学区の皆さんとグランドゴルフを楽しんで元気を頂いた後は、蒲原へ向かいました。こちらで毎月会合を持っていらっしゃる皆さんの会に参加しました。私も何度かお伺いしていますが、メンバーの皆さんはいつも問題意識をきちんと持っておられて、毎回勉強させてもらっています。
この日もメンバーの蒲原と由比の皆さんから、いろいろな地域の事情やアドバイスを頂くことができました。
100620朝原さん座談会.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:41| 座談会

2010年06月15日

座談会で教わること

 6月10日(木)は夕方まで大学、そのまま清水区の大内地区に伺って地域有志の皆さんと2時間にわたって座談会を開かせていただきました。
ご参加いただいた13名の方からは、主に地域の現状や課題について拝聴し、桜ヶ丘病院の移転問題について強い要望があることなどを伺ってきました。

 私は、『辻立ち』が自分から情報発信する場だとすると、『座談会』は相手から情報を吸収させていただける場であると位置づけています。
実に解り易い解説でメディアにひっぱりだこの池上彰さんは、テレビで話をするまでに、その数倍・数十倍の知識を得ようと新聞を精読し取材を重ね、その中から選りすぐった情報を端的に伝えておられると聞きます。
 私も同感、数多(あまた)の情報を自分が得ていてこそ、初めて自分の主義主張を決めることが出来るのだと思います。

 そのためには、まず人の意見を聞く。周りの声に耳を傾ける。
座談会は、まさにその最適な場なのです。
座談会では、日々教わることの連続。そのたびに自分の未熟さに気づき、もっと成長したいと欲が出ます。

100610大内座談会.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:05| 座談会

2010年06月10日

由比で2度目の座談会

 漁港などを見学させていただくとすっかり日も暮れ気がつけば夜。
ここからは座談会に場を移し、由比の地域の皆さんと夜遅くまで談論風発、大いに盛り上がりました。
参加して下さった皆様、本当に貴重なご意見をありがとうございました!
座談会は私の政策作りの水であり肥料であります。
100607由比座談会@.jpg

100607由比座談会A.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 22:18| 座談会

2010年02月16日

座談会に呼んでください

 2月15日の晩、市内葵区のお宅で座談会を開いていただきました。この日は踊りの先生が声をかけてくださり、お弟子さんやお知り合いが10人ほど集まってくださいました。お近くの方だけでなく、遠方から駆けつけてくださった方もいて、感謝の気持ちで話をさせていただきました。「静岡市をどんなコンセプトの街に創っていくべきか」について話をしました。夕方6時から始めて2時間余り、活発なご意見や質問をいただいて有意義な意見交換をさせてもらえました。
 活動の柱のひとつとして今年も一層数を重ねたい座談会です。
ぜひお声をかけてください。お待ちしています!!

100215池辺さん座談会@.jpg

100215池辺さん座談会A.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:35| 座談会

2010年01月27日

座談会の目的

1月22日の夜、水見色の皆さんに座談会の機会を作っていただきました。会場の公民館には寒い中、およそ20人の皆様が集ってくださいました。
 さて、私の日常の活動の柱に辻立ちと座談会がありますが、それぞれの目的を大体次のように分けています。まず辻立ちは、自分の政策提言のビラを配りマイクで話すスタイルですから、いわば田辺の考えを「発信する場」です。対して座談会は、集まってくれた皆さんそれぞれが言いたいこと(地域の課題・生活の不安・政治への注文など)を聞かせてもらう、いわば「情報を受信する場」と考えています。
政治に携わる者は、自分なりに勉強し経験を経て研鑽を積み、自分の個性を作り出そうとするものです。が、ともすると自分だけの知識や体験のみで政治信条やスタイルを作ってしまい、それを「我が個性」と錯覚しがちです。これは個性でなく「井の中の蛙のひとりよがり」なのだと思います。私は、まずはできうる限り様々な年齢や立場の方々から、出来るだけ多くの話を聞きたい。そしてそこで得たたくさんの声を自分なりに整頓した上に、田辺スタイルを築きたいのです。
 この日は水見色の基幹産業である農業の後継者問題をはじめ、本当にじっくり話を聞かせていただきました。この積み重ねが何物にも代え難い私の財産になっていくと信じます。
   100122水見色座談会@.jpg
          100122水見色座談会A.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 16:49| 座談会

1990年01月01日

座談会について

 地域の方々と膝を交えて交流させていただいております。政治に関する情報発信と同時に、地域の皆様からのご意見、お考えを伺い、田辺の政治活動の参考にさせていただいてます。
 机上の論理ではなく、現場の声にいつでも耳を傾け、政治活動に活かす。田辺の政治理念に基づく重要な活動の一つです。

これまでの座談会、ミニ講演会については、こちらをご覧下さい。



 田辺のぶひろ後援会事務所では皆様からの座談会・ミニ講演会等お申し込みを募集しております。お申し込み、ご質問等は、後援会事務局 (葵区銭座町30 054-245-3460 office@web-tanabe.net)までご連絡いただけるようお願いいたします。
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 00:00| 座談会