2010年10月29日

頑張れ!

 昨夜のプロ野球ドラフト会議で、晴れて指名を射止めた若人の皆様、本当におめでとうございます!それぞれに人知れず努力を重ね人知れぬドラマがあって結果を出されたことと思います。

 大学の同窓である斎藤佑樹投手は、「ハンカチ王子」として人気を博した高校時代以来、常に注目され勝利することを求められました。
その爆発的な人気に決して浮き足立つことなく、人気とともにのしかかる日本中の過剰な期待に押し潰されないよう、地道な努力を重ねて来た斎藤投手には、その年齢には稀有な精神力の逞しさに驚かされ、敬意を抱いておりました。

斎藤投手は高校卒業時、「人間としても野球選手としても未熟な自分は、大学に進学して頑張ります」という主旨の発言をされていたと記憶しています。そして発言通りにこの4年間を、心身ともに鍛え続け、満を持して昨日の結果を得たのだと思います。

地道で不断の努力に支えられた自信がみなぎる斎藤選手。これからが新たなスタートですね。
心から応援します!

 
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 11:16| 田辺のぶひろ