2012年01月12日

年頭ごあいさつと「新春のつどい2012」のお知らせ

 
静岡を希望の岡に


 新しい年の初めにあたり、謹んでご挨拶を申し上げます。
 皆様のご指導とご支援のおかげさまで、昨年4月に静岡市長として就任させていただきました。
改めて感謝をお伝えするとともに、責任の重さを深く自覚し、本年も市政の運営に全力を挙げて取り組んでいく決意です。
 昨年3月11日におきた東日本大震災は、私たちすべての日本人の心に計り知れないくらい深く大きな傷を残しました。
謹んでお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
 就任直後、被災地に赴き被災された方々のお声を伺う中で、「市民の生命(いのち)と生活(くらし)を守り、不安を安心に変えること」が行政の責任と痛感しました。
現在、二つの目線からこの責任に取り組んでいます。
 一つ目は、市民の日常を細やかにみつめる「虫の眼」から、『災害に強く安心安全に暮らせるまち』を実現することです。
防災を例に挙げますと、津波避難ビルの新規指定や海抜表示の標識を整備し、中日本高速道路と東名高速道路の法(のり)面を活用する協定を結びました。
具体的には、防災や福祉、医療、介護、教育、子育てなどの環境の充実です。
二つ目は、大空から広く物を見る「鳥の眼」から、『世界中から人が集まる求心力のあるまち』を実現することです。埋もれている地域資源を磨き上げ、観光を切り口に人を集める仕組みを整えることで雇用の機会を広げ、経済の活性化につなげます。
 こうした方針を下敷きに、タウンミーティング『静岡☆まちみがきトーク』などで市民の皆様からいただいた声を活かして「静岡のまちみがき戦略プラン」を策定しました。
このプランは言わば静岡市の台本です。
台本に強い命を吹き込むのは、私も含めた市職員の皆さん、そして市民の皆様です。
公共の仕事を担う「使命感」・静岡を良くしたい「情熱」・自ら道を切り開く「行動力」。
職員の皆さんにはこの気構えを持っていただき、また市民の皆様にはさらなるご指導をいただいて、共に、“希望の岡・静岡”の実現に取り組んでいただきますようお願い申し上げます。
私自身もこれまで以上にスピード感と決断力を持ち、現地現場主義の精神で邁進する所存です。
結びに、皆様にとって幸多き一年になりますようお祈り申し上げます。
                     
田辺信宏拝


田辺顔小サイズ.jpg











田辺のぶひろ後援会新年会のご案内です。皆様、お誘い合わせの上、是非ご参加ください。


田辺のぶひろ君を励ます新春のつどい2012


 日 時 :平成24年2月7日(火) 午後6時から

 会 場 :ホテルアソシア静岡 3階 駿府の間
      (静岡市葵区黒金町56 TEL:054−254−4141)

 会 費 :5000円

お申し込みは…
※ご参加していただける方は、お手数ですが、1月31日(火)までに後援会事務所(下記)まで
 お電話・FAX・Eメールのいずれかでお申し込み下さい。(または当日券もございます)

田辺のぶひろ後援会事務所

〒420−0842 静岡市葵区銭座町30
          TEL:054−245−3460(月〜金曜日の10時〜17時)
          FAX:054−248−3645
          Eメール:office@web-tanabe.net
          
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:47| イベント