2010年04月28日

東豊田支部「田辺のぶひろを囲む会」

 4月26日の夜、池田にて後援会東豊田支部による「田辺のぶひろを囲む会」を開催していただきました。地域から44名の方にご参加いただき、田辺の所信と静岡のまちづくりについて聞いていただきました。
 皆さんからは、日本平や草薙球場、動物園といった、地元の資源の有効な活用について活発な意見をいただいた他、静岡ならではの自転車のマナー問題など、貴重なご意見をたくさんいただけました。参加して下さった皆さん、そして東豊田支部の役員の皆さん、ありがとうございました!
100426東豊田支部囲む会@.jpg

100426東豊田支部囲む会A.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:32| 地域活動

けやき会講演

 4月26日、谷田の「けやき会」という会で講演をさせていただきました。「けやき会」は、S型デイサービスの一環として月2回、地域のお年寄りが集うものです。会場の公民館では、およそ40人のお年寄りが、ボランティアの皆さんと揃って話に耳を傾けてくださいました。
 「解り易い政治の話」ということで、時節柄、普天間基地問題を題材に選び、話をさせていただきました。後の質問コーナーでは、鋭い視点からの質問が相次ぎ、いい勉強になりました。
 話は逸れますが、『難解な話題を噛み砕いて解り易く伝える』ことは、固い論文や原稿を書くより、ある意味はるかに難しい事です。最近メディアにひっぱりだこの池上彰さんは、新聞に難しく書かれている時事ネタを、実に易しく面白く解り易く解説することで有名です。池上さんがテレビで話す事は、彼が蓄えている豊富な知識の全体からすればごく僅かであって、解り易い話が出来るまでには、池上さんの膨大な勉強量と調査と努力が隠されているのだと感じています。人の何倍も勉強し調査し努力しなければ、ああいう解り易い話は出来ないのです。
講演の後に、参加していただいた皆さんと昼食をご一緒しつつ、こういう人生の先輩の言葉に耳を傾けることも自分の知識を豊かにするありがたい機会だなあと改めて感じたひとときでした。
100426けやき会講演@.jpg

100426けやき会講演A.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:27| 講演会

爽やか3人組のつもりですが

 まだ肌寒い4月26日早朝、教育会館前にて、事務局の大場君と伊達君の二人体制でチラシ配りと撮影をしてもらいながらの辻立ちです。米国の子供向け人気番組「セサミストリート」が大好きな姪っ子曰く、「アーニーとバートに囲まれたエルモみたい」。・・失礼なむかっ(怒り)
100426辻立ち教育会館前.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:21| 辻立ち

ボーリング大会打上げ

 4月25日夜は、小鹿の居酒屋「矢車」さんにお邪魔しました。
このお店のお馴染みさんで作る「矢車会」では、日頃からいろいろな行事を行ってお客さん同士の親睦を深めています。
この日はボーリング大会で汗を流し、ここ「矢車」で打ち上げでした。
私の東豊田支部に矢車会のメンバーがいらっしゃる縁で、私も呼んでいただきました。ビンゴゲームやこの日のスコア話で大いに盛り上がり、賑やかなひとときでした。
 ちなみに私のボーリングの平均スコアといえば・・秘密(笑)
中学は卓球部、高校はテニス部ですから、元来小さい球の扱いはうまいんです(ということで)
100425東豊田ボーリング大会打上.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:19| 支援者の皆様

ご先祖を慈しみながら・・・

 4月25日の日曜日、向敷地で開かれたタケノコパーティーに伺いました。これは地元のお寺で檀家総代を務める黒柳さんを中心に、檀家の皆さんが一層親睦を深めようと、毎年タケノコの旬のこの時期に行っているものです。この日も、黒柳さんがご自宅の土間を提供して、採れたてのタケノコ料理を囲んでいらっしゃいました。こういう親睦を日常からなさっていることで、ご先祖の眠るお寺を、地域が皆で守り慈しむという思いが、自然に深まっていくのだと思います。
100425黒柳タケノコ会.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:12| 支援者の皆様

2010年04月22日

デビューです、よろしく

 4月19日(月)、109前で辻立ち。今日は、今月事務局に入ったばかりの「伊達努(だて・つとむ)君」が、初めて辻立ちに挑戦しました。4月に入り、天候不順が続いて2度ほど辻立ちを中止せざるをえなかったため、待ちに待ったデビュー。今日は伊達君自らがチラシ配りと写真撮影のため、残念ながら本人の写真がありません。
また近いうちにご紹介しますので、大場君ともども宜しくお願いします!
100419辻立ち109前.jpg

posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:31| 辻立ち

タケノコパーティー

 今年はタケノコがたくさん採れる表年にあたるそうですね。先ほどのバーベキューに続いておじゃましたのは新間の山根様宅。こちらも部屋中に入りきれないほどの家族連れやご近所の皆さんが集まっていて、それはそれは賑やか!
 午前中に採ったタケノコを、庭先で大鍋で豪快に茹で、キッチンで奥様はじめ女性陣がテキパキと腕を奮って調理。手際のよさに呆気にとられているうち、あっという間に何種類ものタケノコ料理がテーブルに並びました!!フライ、おでん、サラダも同時に。
・・は、はやい・・・がく〜(落胆した顔)
しかもすぐに席に着くと、食べながら小さなお子さんの世話してジュース運んで僕に取り分けてくれて空いたお皿を片付けて。
何で同時にできるんだ?
 そういえば以前、何かの本で「女性と男性は脳のシステムが異なる部分があり、一般的に、男性は1度に複数の事をこなすのが困難であるのに対して女性は1度に3つ位の作業をこなせる」と読んだことがあったような・・。
もしかしたら女性は1日24時間を30時間分に使えるのかもしれない・・と敬服し、のんびりとタケノコに舌鼓を打ち、幸せに浸る男性陣でした。
100418山根家タケノコP1.jpg


100418山根家タケノコP2.jpg

posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:29| 支援者の皆様

バーベキュー大会

4月18日(日)、地域でお世話になっている茶山さんが主催するバーベキュー会におじゃましました。毎日ジェットコースターの如く気温が上下していますが、この日は朝から春の行楽日和。茶山さんの日頃の行いが素晴しいおかげですかね(笑)
 タケノコの季節に恒例のこの会、皆さん毎年楽しみに集ってきます。賑やかで楽しい雰囲気をご覧下さい。
100418茶山会BBQ1.jpg

100418茶山会BBQ2.jpg

100418茶山会BBQ3.jpg

posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:27| 支援者の皆様

久能山東照宮御例祭

 4月17日の土曜日、久能山東照宮の御例祭に参加させていただきました。ご祭神である徳川家康公は元和2年(1616)4月17日に薨(みまか)られました。この例祭は、家康公の命日に当たる祭礼で、全国から徳川ゆかりの方々が集まります。荘厳な雰囲気の中、我が身が引き締まるのを感じました。
久能山東照宮といえば、いわずと知れた静岡の名所です。海外から客人が見えると必ずお連れしますが、誰もが大変感動し、お喜びになります。こんな素晴しい所が身近にあるありがたさを、改めて静岡の方々も噛み締めていただけたらと願います。
100417久能山大祭3.jpg

100417久能山大祭2.jpg

100417久能山大祭.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 17:24| 地域活動

2010年04月14日

竜爪山穂積神社 鉄砲まつり

4月11日(日)、昨日の有東木のお神楽に続いて竜爪山穂積神社の大祭(鉄砲まつり)に伺いました。
初夏のような日差しの下、竜爪山の山頂近くに立つ穂積神社までの今日の運転は、大場君に代わり普段は事務所を守る光恵さん。山道を頑張って運転してくれました。道中は、満開の桜と鮮やかな菜の花の黄色が目に眩しく、暫し車窓から花見気分を味わえました。
 この鉄砲まつりの由来は諸説あるそうですが、長篠の合戦で敗れた武田軍の残党がこの神社を祀り例大祭を行ったのが起因と言われています。
長い歴史を積み重ね、2004年に60年ぶりに復活した「鉄砲まつり」は、今年も火縄銃の演武をひと目見ようと詰めかけた人達で賑わいました。
戦国時代さながらの甲冑に身を包んだ鉄砲衆が一斉に火縄銃を構えると、観衆の間に一気に緊張感が走ります。皆が固唾をのんで見守る中、パン!!という耳をつんざくような大音響が轟き、その瞬間、辺りは思わず耳を塞いだり、後ずさりしたり。間近で見る迫力はなかなかのものです。
素晴しい演武を拝見した後は、神事と直会に参加させていただきました。前日の神楽もこの鉄砲まつりも、静岡の外の人達にも、もっと知ってもらえるようにしたいものです。
100411鉄砲まつりA.jpg


100411鉄砲まつり@.jpg


100411鉄砲まつりB.jpg


100411鉄砲まつりC.jpg


100411鉄砲まつりDあいさつ.jpg


100411鉄砲まつりE.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 11:08| 地域活動

2010年04月13日

有東木春季祭典 お神楽

4月10日土曜日、有東木のお神楽を見に行きました。これは駿河神楽のひとつで、毎年春と秋に行われていて、平成14年には市の指定無形文化財に指定されています。
 さてお神楽とは、家内安全と五穀豊穣を願って神様に奉納する舞のことです。有東木では、この大切な伝統文化を永く受け継いでもらおうと、地元の小さな子ども達にも神楽を教えています。
ですから、お祭りの熱気の輪に入ってみると、小さなお子さんから歳を重ねた方々まで、地域に根付く伝統行事をとても身近に感じて楽しんでいらっしゃるのが伝わってきます。
「静岡の今あるものを大切にして、さらに磨いていく。」という、考えの私にとって、まさに大切に守って磨いていきたいお祭りでした。そうそう、ここでは、『県内のお祭りを次々に見て回っている』という、祭り好きな方に偶然お会いしました。聞けば、翌日の竜爪山穂積神社の祭りも見に行かれるとのこと!偶然ですね、私もです(笑)
100410有り東木祭りA.jpg



100410有り東木祭りA.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:07| 地域活動

麻機老連総会

 4月9日、麻機学区老人連合会の総会が、鯨ヶ池老人福祉センターで行われました。写真は式典の様子です。会場は、朝から楽しみにお集まりになった皆さんで大いに賑わいました。
引き続き行われたお楽しみの懇親会では、余興に出演された皆さんがカラオケで美声をご披露するなど、日頃の練習の成果を大いに発揮して、場内を魅了していました。会場には顔見知りの方がたくさんいて、思わずほっと和みます。いつまでもお元気でわーい(嬉しい顔)ご指導くださいね!




100409麻機老連@.jpg


100409麻機老練A.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:03| 地域活動

辻立ち・今月から増えました

 今日は静鉄柚木前で朝の第一声です。今月から週1回の辻立ちを週2回にペースアップしました!これから新しい場所でも辻立ちをどんどん行いたいと思いますので、見かけたら声をかけてください!
100409辻立ち柚木駅.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 13:59| 辻立ち

2010年04月08日

白光会花見

先月31日、地元・千代田の老人会「白光会」の皆さんが開催したお花見に伺ってきました。写真が出来ましたのでここでご紹介します。毎日気温が激しく変わる中、この日も屋外はまだ肌寒く、時々吹きつける横風にぶるっと震えるほどでした。それでも、会長の鈴木さんご夫妻が時間と愛情をたっぷりかけて用意してくださった温かいおでんをほおばると、おかげで芯から温まりました。会場の陸軍墓地の緑に桜のコントラストが美しく、皆さん景色も食事もお喋りも、たっぷり楽しんでいらっしゃいました。
 さて、この白光会の皆さん、日頃から本当に仲良く活発に活動されています。これも、会長の鈴木さんが催しのたびに、自らおでんやおしるこなどを大鍋に大量に仕込んで、準備万端に整えてくださっているからこそ。大変な事を笑顔でサラリとなさる会長の人柄には、頭が下がります。
100331白光会1.jpg


100331白光会2.jpg

100331白光会3.jpg

100331白光会4.jpg

100331白光会5.jpg

100331白光会6.jpg



posted by 田辺のぶひろ後援会 at 13:25| 地域活動

2010年04月04日

松下政経塾にて

 昨日4月3日の土曜日、茅ヶ崎の松下政経塾にて新塾生の入塾式が行われました。政経塾では、OBが持ち回りで入塾式のお手伝いを仰せつかる慣例になっています。今年は私達6期生が担当ということで、前夜から同期の仲間と茅ヶ崎の塾に宿泊しました。
久しぶりに同期と塾に寝泊りして、25年前の、我々の入塾した日のことを懐かしく思い出しました。6期生として入塾したのは11人。出身地も学校も経歴も将来の夢も、それぞれ異なる者が、縁あって出会った日でした。
当時、塾で学ぶ期間は5年間(現在より長かったのです)。殆どの同級生達が就職して社会人としての一歩を踏み出す時期に、5年もの期間を更に学びに費やす事は、相応の覚悟が必要でした。皆、覚悟を決めて飛び込んだ訳で、ゆえに一人ひとりが強い個性と信念を胸に抱えていました。
 さて、今回集まれたのは半分の6人。それぞれが様々なジャンルで懸命に頑張っています。彼らと前夜遅くまで語らい、早朝は塾生時代のように掃除を一緒にし、清清しい気持ちで入塾式を迎えました。
この2日を通して、改めて「初心忘るべからず」の思いを強くしました。今の自分から見たら、あの頃の自分は、世間知らずで頭でっかちで生意気な若者だったと思う。
でも、「世の中を良くする事に何としても関わりたい」と政治の道に飛び込んだ、とても強く真直ぐで凛とした気持ちを、やっぱり忘れてはいけない。
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 16:06| 田辺のぶひろ