2010年02月24日

2が3つ並んだ日

 私と秘書の大場君の一週間のスタートはいつものように朝の辻立ちから。今日は静鉄の音羽町駅前で喋らせていただきました。
さて、2月22日・・。2が三つ並んでる⇒めずらしい⇒ちなんだ何かの記念日がいろいろありそうだひらめきということで、この後すぐに『今日は何の日』(PHP研究所編)をチェックしました。やっぱりありました!
 まず「猫の日」。これは、2月22日のゴロあわせで「ニャン、ニャン、ニャン」(笑)1987年に猫の日制定委員会が決めたそうです。テレビや新聞も取り上げていたからご存知の方も多いでしょうね。
 次に、「世界友情の日」。え?何故?と思いきや、ボーイスカウト・ガールスカウトの創始者・英国のロバート夫妻の誕生日にちなんで制定されたそうです。
 そして、「食器洗い乾燥機の日」。これは22(夫婦)2(にっこり)のゴロ合わせから、猫の日の翌年に出来たそうです。いまどきの夫婦のライフスタイルが垣間見えますね。

 さて、さらに2月22日は、アメリカ建国の父、ジョージ・ワシントン大統領の生まれた日でした。有名な桜の木の逸話は、子ども達への教訓向けに書かれた創作だとも言われていますが、彼が清廉で真面目な人格者だったからこそこうした話が語り継がれてきたのでしょう。そんな彼をしても、その時期には政治的な中傷や攻撃を受けることもありました。しかし、2世紀余の星霜を経た今もなお、子ども達の尊敬を集めるシンボルでいるのです。歴史が、人の生き様を厳しく見ていて、正しい人には正しい評価を下すのですね。
100222辻立ち音羽町駅.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 10:44| 辻立ち

2010年02月16日

座談会に呼んでください

 2月15日の晩、市内葵区のお宅で座談会を開いていただきました。この日は踊りの先生が声をかけてくださり、お弟子さんやお知り合いが10人ほど集まってくださいました。お近くの方だけでなく、遠方から駆けつけてくださった方もいて、感謝の気持ちで話をさせていただきました。「静岡市をどんなコンセプトの街に創っていくべきか」について話をしました。夕方6時から始めて2時間余り、活発なご意見や質問をいただいて有意義な意見交換をさせてもらえました。
 活動の柱のひとつとして今年も一層数を重ねたい座談会です。
ぜひお声をかけてください。お待ちしています!!

100215池辺さん座談会@.jpg

100215池辺さん座談会A.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:35| 座談会

やあんでくるよ!!

13日の土曜日、市内芝原の麻機遊水地で「柴上げ漁」の実演会がありました。これは麻機地区の南中柴上げ漁保存会の皆さんが毎年行っているものです。以前にも書いたようにこの柴上げ漁は、木の枝を前年のうちに沼底に沈めておき、そこに冬ごもりにやってくる魚を捕らえるという伝統的な漁法です。この日も珍しい実演をひと目見ようと、たくさんの皆さんが訪れていました。まず沼底の枝を取り除いて長いたもで何回もすくうと、ヘラブナがかかっていました!作業をじっくり見入っていた周りの皆さんも思わず拍手!!
この後は保存会の皆さんとしばし談笑を楽しみました。
余談ですが、会長の杉山さんはもう15年以上お世話になっている方で、家内が「やあんでくる(歩いてくる)」という言葉を教わったわーい(嬉しい顔)、飾らない気持ちの温かい方ですよ。
100213@?g.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 14:22| 田辺のぶひろ

世代を越えて国際交流・一期一会

2月13日土曜日の午後、国際交流の会で「出前講座」を務めてきました。
主催の「国際交流レインボウ」は、平成元年に設立。当時はまだ国際交流自体が珍しく、民間国際交流活動のさきがけ的な役割を果たしてきました。現在は少人数ながら、「外国の方と交流するにはまず国内や地元・静岡の事をよく知ろう」と活動していて、今回は私が大学で教えている国際関係論と地方自治論をベースに話をさせていただきました。
タイトルは「英国から見た日本って?日本の中の静岡市って?」。
私の教え子の大学生と外国人留学生、子育て世代のお母さん、子育てを終えて新たに自分の世界で頑張る女性の皆さん、そして地域で町内会活動に尽力されている熟年世代の男性まで、実に幅広い年代の方が参加してくださいました。
私の話の後の質問タイムでは活発に意見交換がされて、あっという間の2時間でした。嬉しいのは、皆さんが笑顔で帰ってくださった事、また参加したいという声をいただいた事、そして、私の講座が縁で、初めて出会った皆さんが一緒に楽しい時間を過ごしてくださった事です。
一期一会。大好きなこの言葉を思い出したひとときでした。
100213レインボウ例会.jpg 
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 13:59| 田辺のぶひろ

2010年02月10日

「新春のつどい」の日・スタートライン!

 2月8日月曜日の早朝、静鉄春日町駅前での辻立ちです。
ありがたいことに駅員さんが、私と、チラシを配っている秘書の大場君を覚えてくれていて気さくに声をかけてくれます。そして、道行く人もたくさん励ましの声をかけてくれます。こんないつもと変わらぬ一日の始まりですが、この日は朝から緊張気味。
 なぜならこの夜、私の新年のイベント「田辺のぶひろ君を励ます新春のつどい2010」が控えていたからです。
現職でない私は、いわゆる大きな組織を持っていません。ですから大きなイベントを企画するのも、集客も、運営も、すべては地域の皆さんの尽力による手作りです。
今年は何人くらいの皆さんが足を運んでくださるかなあ・・どんな話を聞いていただこうかなあ・・等々、ついついマイクを握りながらあれこれ考えてしまいました。

 そしていよいよ夜。壇上に上がってびっくり!!会場は、隙間もないほどに集まってくださった皆さんの熱気で溢れていました。
その数およそ1,200人!現職でない私に、何とありがたいことでしょうか。
この感謝と感動を胸に、目ざす道の先にある『ゴール』に向かってスタートします。
当日の詳しい様子は、追って写真と共にご紹介したいと思います。



100208辻立ち春日町駅.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 15:49| 辻立ち

2010年02月03日

辻立ち2月1日静鉄長沼駅

 2月は静鉄長沼駅前の辻立ちからスタートです。
駅からほど近いところにあるのが、県立科学技術高校。静岡市内の方はご存知ですが、ここは、一昨年に、県立静岡工業高校と県立清水工業高校が統合して出来た新設校です。
長沼駅前でマイクを握っていると、ここの学生さんが、手を振ってくれたり微笑んで元気に登校していく姿が見られ、清清しい気持ちになります。
 それぞれが長い歴史を持った2つの伝統校がひとつになってまだ2年弱。この元気な子ども達が、これから「県立科学技術高校」としての新しい歴史を作り、伝統を築いて行く。頼もしい限りです。
“頑張れ、科技高!”
100201辻立ち静鉄長沼駅.jpg
posted by 田辺のぶひろ後援会 at 13:50| 辻立ち